外壁塗装会社の選び方

外壁塗装TOP > 外壁塗装会社の選び方
photo

地元に根付いた10年以上の実績がある会社である

外壁塗装会社を選択する際に、非常に迷われる方が多いです。テレビCMなどでも頻繁に見るような「大手有名会社」が良いのか、地域に「昔からある塗装会社」が良いのか、「営業」色の強い会社が良いのか、「職人」色が強い会社が良いのかなど、選ぶ基準が多いです。

業社選びを間違えると、ほんの1、2年で施工箇所が剥がれるなどの場合があります。費用もかかりますし、しっかりとした業社選びをしたいものです。そのために、できれば10年以上同じ地域で実績を積んでいる会社が安心できる目安の一つとなります。

新規参入してきた外壁塗装会社が全て悪いわけではありませんが、同じ地でずっと外壁塗装会社を営んでこられるということはそれだけ、クレームも少なく実績があるということになります。程度の低い外壁塗装会社の場合、施工後のクレームなどが多く、評判も悪くなりますので、同じ場所で長く営むことができません。信頼されているからこそ、同じ場所で長く営業ができるのです。

塗装外壁に関しての資格保有の多さ

外壁塗装会社の保有している「資格」や、所属している職人の「資格」から選ぶというのも方法の一つです。「資格」はその会社や職人の技術や知識が「国」や「行政」に認められていることを表します。

また、職人個人の能力が高くても、経営者側が必要施工について詳しくなく、コスト面ばかりを重視する場合、材料を質の悪いものにし利益を搾取する場合もありますし、素材や細かい施工の重要性がわからないため、結果質の良いサービスが提供できません。

ですので、経営者が一級塗装技能士の資格を保有し、施工に対する知識がしっかりとあるかどうか、また、10年以上の実務経験が証明できる塗装工事業許可証があるのかどうかの確認が最低ラインを決める目安になります。

塗装についての具体的な説明と実績

外壁塗装を考えた際には、書類のみでの「見積もり」を依頼するだけではなく、ご自身でその塗装会社へ行くことが大切です。

そして、これまでの実績についての資料や、その説明を具体的に聞くことで見積もり書だけではわからなかった内容を理解することができ、塗装会社の雰囲気も見ることができます。また、ご自身のお宅と同じ様な事例があれば、資料を見せてもらい、どの様に施工をして費用がどれくらいだったかなど、詳しく聞くことも重要です。

具体的な説明ができるほど、その会社は信頼ができます。また、数年後に施工箇所が剥がれてきた場合などの、修繕についても先に詳しく話しを聞き、どの様な対応をしてもらえるのか、そのような体制なのか、契約書はあるかなどの話しも聞くことをお勧めします。