外壁塗装をする時期について

外壁塗装TOP > 外壁塗装をする時期
photo

外壁塗装をする理由

そもそもなぜ「外壁塗装」をおこなう必要があるのか、見た目の美しさを保つためでもありますが、もともと塗装の重要性というものは、家を守ることです。

外壁というのは、常に太陽からの「紫外線」や、「雨風」にさらされています。外壁のコンクリートや木が露出していると、紫外線により乾燥と劣化が進み、劣化により亀裂を引き起こし、その亀裂に雨が染み込むことで内側から腐食させます。このサイクルが繰り返されることで、劣化のスピードは非常に早くなります。

このような外からの影響を直接受けないようにするために、塗装することで外壁の強化をし「紫外線」や「雨」から劣化を防いでいます。このように外壁塗装をおこなうことで、家を3倍長持ちさせることが可能になります。

適切な塗り替え時期

外壁塗装の塗り替え時期というのは、人それぞれで、まだそこまで塗装の必要がない場合でも、少しのヒビなどで気にされて塗装をされる方もいれば、苔が壁全体を覆っても気にされない方もいます。ですので、その方自身の考え方にも起因しますが、大まかな目安としては「築年数10年」です。

具体的にあげますと「外壁吹き付け6~10年」「外壁サイデイング10年」「外壁ALCパネル10年」です。施工方法や施工業社の技術にもよりますが、ペンキの寿命の目安は「7~10年」で、この時期になると家の壁を守ることが難しくなります。

この時期に再度外壁塗装をおこなうことで、再び「紫外線」や「雨」などから家の壁を守る効果が期待できます。また、築10年という時期に外壁塗装をおこなうことで、それ以上の年月が経ち、修理費用が非常に膨大にかかってしまう前に塗り替えをすることで、費用を抑えることが可能になります。

外壁の劣化の種類

ご自宅の外壁に、どのような劣化が見られたら外壁塗装をした方が良いのか、普段なかなか注目をしてみることは少ないかと思います。どのような状態になったら塗装が必要かどうか、悪徳業者に不必要な勧誘を受けないためにも、ご自身での確認は重要です。

築10年という時期にさしかかり、外壁塗装が必要だと考えられる劣化には10種類あります。特にわかりやすいのは「ひび割れ」や「塗装の膨れ」、「塗装の剥がれやめくれ」です。この状況はとても目立ちますので、見た目でもはっきりと確認をすることができ、ご自身でも外壁塗装の必要性を顕著に感じられます。

状態によっては見過ごしがちになるのが「外壁の汚れの付着」「外壁の色あせ」です。太陽光が当たる箇所と当たらない場所、雨に濡れる場所と濡れない場所では、色あせにも非常に差がでてきます。汚れの付着についても雨が流れた後のような模様がつくなど様々なケースがあります。

「外壁にカビや藻の発生」「外壁の腐食」「外壁にサビ」このような場合にも外壁塗装の必要性が高く、強度が下がっています。「外壁にチョーキング言峰が見られる」場合も、非常に強度が下がっていると言えます。この現象は外壁の表面を手で擦った際に、手に白い粉がつきます。この現象では塗料の防水効果がなくなるとおきます。